シザーケースのメンテナンス

シザーケースの選び方として、装着感や収納性、素材や縫製などを重視することをおすすめいたします。シザーケース屋ドットコムのシザーケースは、オイルをたっぷり含んだ柔らかい高級革を使用しているので、フィット感に優れ使いやすくなっています。さらに毎日のメンテナンスによって、使える期間長くなります。
 
毎日のメンテナンス方法
上質な本革は使い込むほどによく馴染み、味のある艶を出しますが、きれいに保つためには日々のお手入れが重要です。お手入れ方法も難しいものではないので、そんなに手間はかかりません。柔らかい布での乾拭きや、ブラッシングしてほこりを払う程度でOKです。
乾拭きすることで表面のほこりが落ち、若々しく光沢のある状態を保ってくれます。めがね拭きの布や綿素材の男性の肌着などがおすすめです。また、革には無数の毛穴があるので、ブラッシングで溜まった汚れを軽く落としましょう。
汚れてしまった時
革製品は汚れに弱く、時間の経過と共にどんどん浸透してしまいます。汚れが落ちにくくなる前に、できるだけ早くお手入れすることが大切です。簡単な汚れは、濡らした布を固く絞り優しく汚れを拭きあげましょう。その後は、湿気を逃すためにしっかりと陰干ししてください。手垢や汗の汚れなどは、皮革製品専用のクリーナーで軽く拭いてください。
革の表面の仕上げ方法によっては、色落ちやシミになってしまう場合もあるので、まずは、目立たない場所で試し拭きしてから使用してください。
水に濡れてしまった時
革にとって水は大敵です。濡れてしまった場合は、できるだけ早いケアが必要になってきます。まずは、柔らかい素材の乾いたタオルで、革に浸透してしまう水気を叩くようにして除きます。次に、革を乾かすのですが、ここで注意が必要になります。革を乾燥させる際は、ドライヤーやヒーターなどで乾かさないようにしましょう。革は高温に弱いため、変形やひび割れを招く原因になってしまいます。
一日を共にするシザーケースは、美容師にとって最も身近なアシスタントであり、美容師としての歴史がシザーケースに刻み込まれていくのです。
シザーケース屋ドットコムでは、愛着を持って長く使ってほしいとの想いから、金具の外れや糸の切れなどの修理をいつでも無料※で行っております。
国内の一流革職人会の職人さんが丁寧にリペアいたします。
※経年劣化による故障は使用状況により例外がございます。お気軽にご相談ください。
使い込むほどに良い味を生む出す本革のシザーケースを、末永くお使いください。


シザーケース屋ドットコムトップへ戻る

ページTOPへ↑