シザーのハンドルと刃材

美容師・理容師の大切な商売道具のシザーにはいろいろな型や、刃材があります。

ハンドルの形

シザーのハンドルの形には、大きく分けると「メガネ型」「オフセット型」「3D型」の3種類があります。

オフセット型
手の小さい方や女性の方に向いているハンドルです。開閉しやすいように親指の位置がネジ部分寄りにあります。どんなアングルでも切りやすく、手の負担も軽減してくれます。
3D型
名前の通り、親指の穴部分にねじりを持たせ、立体的にしているハンドルです。なぜそのように立体的になっているかというと、人の手指に合うように設計されているためです。そのため指にしっかりフィットし、あらゆる角度のカットに対応できます。難しいテクニックを必要とする際に向いているハンドルです。
メガネ型
一番ベーシックなハンドルです。ネジの部分からハンドルに向けてのラインが二等辺三角形になっています。
そのためバランスがとれ安定したカットワークが行えるという特徴があります。自由度が高く、テクニカルカットなどもしやすい形です。

刃材の種類

シザーは刃材にも種類があります。刃材の硬さなどにより切れ味が変わりますが、硬度が高い素材=強度があるということではないため、注意が必要です。硬度が低く軟らかい素材は鋭利に研ぎやすい反面、刃こぼれしやすく、硬い素材の場合、耐久性はありますが鋭利さを出しづらいなど、どちらも長所と短所を持ち合わせています。

シザーメーカーのオリジナル鋼材などもあるため刃材の種類は多く、中でもよく使われているのは「SUS440C」と呼ばれるステンレス合金や、コバルトベースアロイです。メーカーオリジナルの鋼材を使っていることも多く、素材は参考程度に実際の切れ方でお選びになるのがおすすめです。

シザーケース屋ドットコムは、シザーケースを取り揃える通販サイト。シザーケースをシザーと同じようにお気に入りの一品を使っていただきたいと考えています。使いやすさ、見た目、耐久性などを考えますと、おすすめはレザーです。レザーは使えば使うほどなじみが良くなってきます。
革職人さんが丁寧に作るシザーケースは使い勝手も良く、デザイン性にも優れています。是非、ご利用ください。



シザーケース屋ドットコムトップへ戻る

ページTOPへ↑