色々な使い方ができるシザーケース

シザーケースといえば、美容師さんやトリマーさんが使う道具というイメージが強いと思います。しかし、シザーケースは丈夫で収納しやすいというメリットがあることから、用途が多様化してきています。
メイクアップアーティスト
モデルさんや俳優さんにメイクをほどこすメイクアップアーティストの方は、メイクに必要な道具を持って移動しています。仕事中はメイクに使うブラシ、髪のセットに使うコーム、クリップなど、数えきれないほどたくさんの道具を使います。ベルトを使って腰に巻けるシザーケースがあれば、道具がスムーズに取り替えられるので、メイクアップアーティストの方にもご利用頂けます。
実際に、シザーケース屋ドットコムの商品は、メイクアップアーティストの方にもご好評を頂いております。
お花屋さん
お花屋さんでは生花の手入れや花束の作成時に、花ばさみを使います。美容師さんが使うシザーとは形が異なりますが同じはさみなので、そのままエプロンやウェストポーチに入れてしまうと、布を突き破ってしまいます。動いた拍子にはさみが体に当たる危険性もあるので、丈夫なケースにしまう必要があります。
シザーケースは、簡単にはさみが取り出せて安全に持ち運びでき、接客中も邪魔にならないので花ばさみケースとしても利用可能です。
お花屋さんは美容師さんと同じように立っている時間が長く、配達などで移動することも多いので、シザーケースがあると仕事がスムーズになると思います。お花屋さんやフラワースクールの講師など、花を扱うお仕事をされている方は、是非シザーケースをお使いになってみてください。
仕事でシザーケースを使いたいという方は、シザーケース専門店であるシザーケース屋ドットコムでお好みのものをお探しください。ケース専門の販売店なので、ロールシザーケースをはじめ、コームやゴム手袋など、ワインディングに使う道具も入る大容量ケース、オプションとして使える4丁、5丁シザーホルダーなど幅広く取り揃えております。


シザーケース屋ドットコムトップへ戻る

ページTOPへ↑